西日本を襲った記録的な豪雨


更新日時 : 2018年7月12日 15:56:37:JST

 

 

「平成30年7月豪雨」は

 

報道を聞くに 

 

連日 被害が拡大し

 

本当に 途方に暮れるような状況ですね

 

 

犠牲になられた すべての方々の

      ご冥福をお祈りいたします

 

そして

 

被災された 方々に

         心から お見舞いを 申し上げます

 

 

 

この豪雨は

殆ど居座り状態だった

線状降水帯の

  ↓

(以前に 福井県 石川県の界隈でも大暴れ)

仕業なんだそうですよ

 

 

 

被災地では 雨が止んでも

 

予想もつかない災害(時間差災害と言うそう)

 

が 襲いかかったりしています

 

テレビの画面からは

 

あの7年4ヶ月前の 大震災の時のような

 

様子が報道され とても忍び難い思いです

 

 

 

*見つけた記事によると

宮城県の村井嘉浩知事も

「恩返しの意味からも しっかり応援したい」

と県職員を岡山県へ派遣

また 仙台市と大崎市は

ともに姉妹都市である愛媛県宇和島市へ

市職員を派遣し

東北からの マンパワーや物資の

支援を広げている

「支え合う日本」を軸に

豪雨被災地の復興へ貢献したい。

             とありました

 

 

 

 

 

凌ぎがたいような猛暑の中

 

電気も止まり エアコンも使用出来ず

 

断水もしていて トイレ使用もままならずなんて

 

相当に大変な現状ですね

 

熱中症 感染症 エコノミークラス症候群など

 

特に留意が必須だそうです

 

 

 

 

テレビから聴こえた

 

「普通の生活がしたい…」

 

という 現地の方々の言葉に

 

泣けてきてしまいます

 

私 個人としては

 

甚だ微力でも

 

出来ることを

 

探し 見つけて

 

行動しようと思う 午後でした

 

 

 

 

 今夏は

 

 「平成 最後の夏」

 

     と謳われているのに

 

 

 

大阪北部地震 は もとより

 

日本国内の広範囲

 

いろいろな地域で 多々起こる地震

 

そして 異常気象 

 

こうも 自然災害に遭うとは…

 

この夏は どうしたんだろう

 

これは いったい何の予兆なのかと

 

案じてしまいます

 

明日も 今日と同じように過ごせるなんて

 

もう 不確かな事なのでしょうね

 

とても不安がつのりますが

 

せめて

 

自他共の幸せを祈りながら

 

その証を  築き護りながら

 

大切な日々を

 

歩んで行きたいものです

 

 

 

 

 

詳細データ

コメントを書く

コメントを書き込むにはsprasiaにユーザー登録する必要があります。


ユーザー登録をする

プロフィール

イカロ’ス (3日以上)

«  2018年7月  »
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31  

新着記事