試験所では高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)の使用及び注意事項について

毎日、地味めし
毎日、地味めし 8/1/19 5:21 PM

高圧蒸気滅菌技術とは滅菌器で加熱をしてから蒸気を出して、蒸気圧力がだんだん上げるに従って、滅菌器の内部の温度も高くなる。100℃の高温にまで達することができる。高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)の高圧蒸気は潜熱が大きくて、透過力が強くて、伝導力が早いから、微生物の蛋白質は早く変性したり凝固したりした滅菌の効果を達することができる。高圧滅菌技術は試験所で無菌操作と生物安全を保証する基本的な技術だ。高圧滅菌技術は雑菌が試験材料に汚されることが有効に防止できる。

特別に、厳しい無菌操作中では、滅菌そのものは試験成功を決めるキーリンクである。われの試験所では高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)の使用方法及び注意事項を概括し、参考を提供することをお願いします。

1.試験所で機材に滅菌をしている時、パワーオンをした、まず水位を観察して、水があるかどうか、滅菌される物品の放置にきつくない。

2.高圧滅菌器の動力源を入れる後で、水位が限定な範囲を超えるかどうかことを検査する。使用しやすいために、水位が低すぎると、即刻水にまで適当な位置を補足すべきだ。

3.滅菌材料によって、滅菌の温度と時間に対するを正確に設定する。

4.滅菌の過程中で、冷風完全にを排出しなければならない。エアーブリードバルブを閉める。そうしないと、鍋内の温度は規定な温度を達しなくて、滅菌の効果に影響する(非自動式滅菌器)。

5.試験機材の滅菌を終わった、直接にガスが排出でき、圧力が減らできない。そうしないと、瓶内液体が強い沸騰して、ストッピングを押し流したり溢れ出たりしている。更に容器が破裂する。滅菌器の内部の圧力が大気圧力と同じだと、蓋を開くことができる。

6.高圧で滅菌をしている時に、滅菌をする人は現場に離れなくて、機器の運行する場合を観察して、状況が出るなら、即刻に処理する。

7.培養基をつけるテストチューブまた瓶のタンポンはクラフト紙を包むべき、腹水を入れることを防止する。

8.滅菌の効果を保証するために、定期に滅菌効果を検査すべきだ。常用の方法は硫黄粉末(融合点が115℃)また安息香酸(融合点が120℃)がテストチューブを置く。そして、滅菌試験をしている。以上の物質が融合すると、高圧蒸気滅菌器の温度は要求を達した、滅菌の効果もよい。滅菌効果を試験するステッカー(その上は温度敏感指示剤がある)滅菌される物品の外包装に貼って、ステッカーの指示剤は変色すると、滅菌の効果を発揮することを説明する。


文章ソース https://www.dentaltools.jp/article-1310-%E8%A9%A6%E9%A8%93%E6%89%80%E3%81%A7%E3%81%AF%E9%AB%98%E5%9C%A7%E8%92%B8%E6%B0%97%E6%BB%85%E8%8F%8C%E5%99%A8%28%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%96%29%E3%81%AE%E4%BD%BF%E7%94%A8%E5%8F%8A%E3%81%B3%E6%B3%A8%E6%84%8F%E4%BA%8B%E9%A0%85%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6.html

Rate this Topic:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

Comments

  • No one has made a comment yet on this community topic.

Write A Comment

Please register in sprasia to post comments.