自分に適する歯科用双眼拡大鏡に対して、どうすればいい?

毎日、地味めし
毎日、地味めし 12/4/19 11:00 AM

新しい歯科用双眼拡大鏡を選びことには適切な倍数と正確な操作の距離が重要だ。手術者は人工工学で働いている時に快適を持っている。正確な操作姿は目に圧力を減少して、肩と背の緊張度を和らんて、圧力で頭が痛いことを防ぐことができる。

1.拡大倍数:
歯科用ヘッドルーペの使いには人の需要によって選んている。だが、よりよい選択があるために、私達はアドバイスを提案させていただく。
まず、快適を感じて、最低倍数の拡大倍数を選択して、より広い視野を提供することができる。
以下は選択経験に参考させていただく:
臨床応用:拡大倍数
普通歯科、歯科衛生の予防、インプラント:2.5 x
歯体歯髄、歯冠ブリッジの修復:3.5 x - 4.0x
実験室で仕事、技師:4.0x - 5.0x

2.働く距離:
働く距離は術者の目から患者の口腔の距離を指す。
まず正常な場合で正常な働く距離を確認して、正確な姿は術者の快適が保障でき、背部が伸ばして、傾かない。その過程はほかの人に助ける。
以下の内容を参考して自分のベストな働く距離を知っている:
身長<170 cm -190 cm >190 cm
座る姿:340 mm 420 mm 500 mm
立つ姿:420 mm 500 mm 550 mm

3.拡大鏡の縁のサイズ:
以下の方法はベストな眼鏡の縁のサイズが確認できる:
眼鏡の縁サイズを決めるパラメターーこめかみである。
快適な眼鏡をかけて、眼鏡からこめかみの距離を測量して、以下の内容を参考して、最も接近のザイズを選択する。
眼鏡の縁のザイズ:小、中、大
A –こめかみの距離は126 mm 131 mm 139 mmである。
B –レンズの直径は50 mm 52 mm 56 mmである。
C –眼鏡の広さは15 mm 15 mm 15 mmである。

4.視野:
視野は歯科用双眼拡大鏡を通す焦点の中ではっきり区域範囲が見える。
より広い視野は歯科用双眼拡大鏡で広い区域範囲を見て、頭が回す必要でない。
視野の広さは働く距離に関係がある。つまり:より長い働く距離はより広い視野をもたらし、逆に、そうだ。
視野の大小は拡大の倍数に関係がある。つまり:低い拡大な倍数は視野が広くなる。逆に、そうだ。

5.非視野深度:
非視野深度は歯科用双眼拡大鏡を通す焦点の中ではっきり区域の深度範囲が見える。
より広い非視野深度は歯科用双眼拡大鏡を通すより深度な区域範囲を見る。
非視野深度の範囲は働く距離に関係がある。つまり:より長い働く距離はより大きい非視野深度をもたらし、逆に、そうだ。
非視野深度の範囲は拡大の倍数に関係がある。つまり:低い拡大な倍数は非視野深度が大きくなる。逆に、そうだ。

6.眼鏡をかける:
もし術者は自身が眼鏡をかけば、正確なレンズに選択することが重要だ。そうしなければ、歯科用双眼拡大鏡がパラメタの範囲で正常に発揮できない。

7.拡大鏡の重量:
拡大鏡の重量は選択されるの重要な要因だ。特に、長い時間で眼鏡をかければならない場合だ。
軽い拡大鏡はより快適を感じて、長い時間を使っても圧力とほかの合併症に減少される。



出典:https://www.dentaltools.jp/article-1369-%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%AB%E9%81%A9%E3%81%99%E3%82%8B%E6%AD%AF%E7%A7%91%E7%94%A8%E5%8F%8C%E7%9C%BC%E6%8B%A1%E5%A4%A7%E9%8F%A1%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%81%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%99%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%81%84%E3%81%84%EF%BC%9F.html

Rate this Topic:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

Comments

  • No one has made a comment yet on this community topic.

Write A Comment

Please register in sprasia to post comments.