ステライト - jp.cobaltalloy.net

cobaltalloy
cobaltalloy 11/16/17 10:56 AM

ステライト とは?

コバルトを主成分とし、クロム・タングステンを含み、さらに少量のモリブデン・鉄・炭素などを含む合金である。硬質で、耐磨耗性・耐食性・耐高温酸化性に優れる。

この3つの特徴を併せ持った合金でステライト以上は考え難いとされている。

ステライト合金、鋸刃、ステライトのブッシュ、ステライトのバルブシート、バルブの弁箱は高耐食・耐熱性に優れています。一般的には、ニッケルベース合金よりステライトが良いと思われますが、抗酸化性能の面ではステライトはニッケルベース合金にはるかに及ばないです。

ステライト,コバルトを主成分とし約30%のクロム、4~15%のタングステンなどからなる合金です。
硬さは高く、優れた耐摩耗性、耐酸化性を持ち、特性がほとんど変化しない万能型耐磨耗合金。添加材により、耐熱性にも非常に優れ、航空機・船舶などのエンジン内の部品などにも使われております。
ステライトプレート、ステライトロッド、ステライトブレードが含めた炭化物は熱安定性に優れています。温度が上がるとき、炭化物の凝集速度とニッケルベース合金におけるガンマ相の増加速度を下回っています。それに、再溶解に必要とされる温度もより高いです。
したがってその特性を生かし,冷間から熱間に至るまで幅広い温度領域における耐食,耐摩耗用肉盛材料として各部材に利用されている。


詳細:http://jp.cobaltalloy.net/

Rate this Topic:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

Comments

  • No one has made a comment yet on this community topic.

Write A Comment

Please register in sprasia to post comments.