ウインクでシャッター メガネに装着できる小型カメラ


更新日時 : 2016年7月15日 11:44:14:JST

ウインクでシャッター メガネに装着できる小型カメラ

ウインクでシャッター メガネに装着できる小型カメラ

25gと軽量 両手が塞がっているシーンで活躍

メガネに装着し、ウィンクすることでシャッターが切れる小型 カメラ。カラーはスカイブルー、ファッションピンク、ボールドブラック、ライムグリーン、スリムホワイト。

サイクリング、料理、スポーツ、建設現場など両手が塞がっているシーンで活躍する。また、子どもなどカメラを向けると恥ずかしがったりしてうまく撮れないといった場合にも活用できるとする。

意識的な強いウインク(または両目のまばたき)にのみに反応する独自センサーを搭載した。撮像素子は500万画素のCMOSセンサー。リチウムポリマー電池を内蔵し、待機時間は8時間。充電はmicro USB端子で行う。

火災報知器カメラ

赤外線カメラ撮影時に音が鳴り、写真が撮れたことが確認できる。撮影した写真はBluetooth経由ですぐにスマートフォンに転送される仕組み。スマートフォンとは自動でペアリングできる。iPhone 5以降、iPod touch 5th generation、iOS 8以降、Android 4.3以降で使用できる。

本体は25gと軽量で、メガネに合わせたアタッチメントを3種類用意する。外形寸法は85×17×10mm。

ジュニョンはノウルが漢江で自殺しようとしていると勘違いしてノウルが撮るドキュメンタリーに出演すると言ったが、演技だったことを知り「出演しない」と言った。

 ノウルが「私がだましたんじゃなくて、そっちが勘違いしたんだ。お伝えしようと思ったんですが、うっかりした。私もそっちのせいで特ダネを逃した。芸能人の隠しカメラだったから、2か月分の生活費を稼げた」と言ったのも嘘だった。

 ノウルは「私は食べる金もないけど、あなたは金がたくさんあるから約束も破ることができてうらやましい」と言ってすねを蹴飛ばした。しかし犬が駆け寄ってきて、ノウルが気絶した。医師の診断結果、犬アレルギーなので低血圧ショックで倒れたことがわかった。

「妻が夫を殺そうとしたら、そりゃもう、逃げられないですよ」。法廷傍聴ものの著書で人気の北尾トロさんはこう話す。夫が飲む焼酎に妻が猛毒を混入する様子がUSBメモリ型ビデオカメラで映し出されたこともある。36年前の浮気をきっかけに夫を殴り殺した70代の妻もいる。夫婦円満のためには、「そもそも他人だった」ことを忘れない方がいいようだ。全国亭主関白協会は「上手に妻の尻に敷かれる亭主力」を訴えている。それにしても、男性の悩みは尽きない。妻の出産後の夫のうつ「パタニティブルー」や、白髪への対処などにも触れた。

メガネ型カメラ おすすめ

それからの被告はインターネットに頻繁にアクセス。「トウゴマ」「トリカブト」「キョウチクトウ」などの毒草を研究するなど、殺害への模索を始める。そして昨年8月。夫はいつもの焼酎で「死ぬかと」思うほどの体調不良に。その後、妻の、偽名による殺鼠剤購入計画が製薬会社の通報がきっかけで発覚。ついに警察の捜査が始まった。

夫宅から毒入り焼酎が発見され、警察がACアダプター型カメラを設置。数日後、録画されたのが冒頭の映像だ。
 初公判では、リシン入り焼酎、殺鼠剤以外にも、たばこの煮汁、塩素ガスなど、被告はさまざまな方法を試みたことが明らかになった。浮き彫りになったのは、夫殺害への強い執着だ・・・

関連サイト

  1. http://musuko.blogoo.ne.jp/e3619045.html
  2. http://musuko.chesuto.jp/e1406122.html

アクション

詳細データ

投稿者 : goobuy | 16/07/15 11:44 | 全体に公開
タグ : 生活
コンテンツデータ : 21 0 0

コメントを書く

コメントを書き込むにはsprasiaにユーザー登録する必要があります。


ユーザー登録をする

プロフィール

goobuy (3日以上)

これを素材として使用した作品

まだ作られてません