を誇る能代工科大(のしろ


更新日時 : 2018年8月28日 10:41:46:JST

を誇る能代工科大(のしろ

「タゲ、調子いいな。その調子で明日の試合も頼むぞ」香田が言った。
”タゲ” というのは岳実のあだ名だ。
「おう、任せとけ。能工(のうこう)なんて屁の河童だ」

「試合後に、その台詞(せりふ)をもう一回聞かせて欲しいもんだな」
香田は、苦笑した。

練習試合が、明日の日曜日に、予定されていた。
相手は、全国大会で最多の優勝を誇る能代工科大(のしろ こうかだい)附属高校、通称、能工だ。

桂鳴高校は能工と同じ北秋田ブロックだったので、地区大会から対戦せざるを得なかった。
今秋の新人戦で当たる相手とはいえ、桂鳴のコーチの頭には、初陣を飾って選手たちに自信を付けさせるという気持ちは微塵もないようだった。

コーチは、能工との練習試合を切り出す際に、得意げな顔で、ライオンが自分の子供を崖に突き落とす喩え話をした。
能工といえば、高校バスケットのライオンのような存在だ。
しかし、動物園の檻にいるライオンとは訳が違う。
岳実たちは、古代ローマのコロッセオの戦士のように、ライオンと同じステージで戦わなければならないのだ。

アクション

詳細データ

投稿者 : 自尊却牵动着 | 18/08/28 10:41 | 全体に公開
タグ : グルメ , ゲーム , 乗り物
コンテンツデータ : 3 0 0

コメントを書く

コメントを書き込むにはsprasiaにユーザー登録する必要があります。


ユーザー登録をする

プロフィール

自尊却牵动着 (3日以上)

これを素材として使用した作品

まだ作られてません