福助


Updated By : September 6, 2011 7:15:28 PM JST

福助

数年前に亡くなった、うちの2番目の猫「ふくちゃん」。

闘病100日。がんばったんです。ふくちゃんも私も。

亡くなった時は泣いたなぁ・・・・。

享年9歳。

 

ふくちゃんが、うちに来たのは生まれたての子猫の頃。

たぶん生後3ヶ月くらい。

 

道ばたで拾ったw。

というか、保護した。

 

首輪もなく、ツメもぴんぴんに伸びていて、人の手入れはされていない子だったのですが、

ちょっと離れた所から呼びかけたらポコポコ歩いてきて、ひしっとしがみついてきたんです。

それで私、しびれました。wwww

「この子はもううちの子だ!」って確信して、周りを見渡すも誰もいない。

「この子、保護しますよ~。異論はないですか~?」と誰も居ない路上で「ちいさな声」でつぶやいてみたのですが、幸いにも誰からも異論が出なかったので、その場で、かっさらってきたのでした。

 

美猫でした~。特に子供の頃はもう、萌え死ぬほどかわいかった。

大人になってからも、その美貌は変わらず、うちの猫たちの中でも最も凛々しい子でした。

 

9歳で亡くなってしまったけど、元気だったら、今頃は13歳くらいになってたはずです。

南無~。

Action

Detailed Description

Author : Kagami-P | 9/6/11 7:15 PM | Public
Tags : Arts
Contents Data : 173 2 0

Comments

  • 千尋♪

    Reply to comment 千尋♪ 2011-09-07 20:52:21

    ずいぶん猫と暮らしてましたが、帰ってこなくなったりして死に目にあったことは
    ありません、家族同様な暮らししてるとさみしいよね・・・

    実家出てからハム太郎と、しばらく暮らしてましたが、短命すぎてつらいので
    ペット君ただいま居ません。

    今から猫がいるといい季節になってきますね~

  • Kagami-P

    Reply to comment Kagami-P 2011-09-08 02:08:20

    千尋さんも、猫好きだったのですね。
    うちは猫と暮らし始めて、14年くらいです。
    死に目に会うというのも、看取ってあげるのも飼い主のしなければならないことですよね。

    子供の頃は犬を飼っていました。といっても世話をするのはもっぱら母親でしたが^^;
    猫は汚れた足で上がってくるから嫌いだと言っていた母親。でも猫を飼い始めたら猫好きになったみたいw。
    うちの猫の名前は覚えにくいのが2匹ほど居るので覚えやすい「ふくちゃん」とか「こーすけ」とか、和風の名前が良いらしいですw。

    ハム太郎・・・・ハムスターですね。
    ハムスター飼育をネタにしたコミックを読んで、あれは大変そうだと思いました。
    まぁ、猫の居る家にハムを置いたら数日で居なくなってしまう可能性がありますし(謎)、
    そもそもダメなワケですが。
    ついでにいうと、フクロウ欲しいな~とか思います。
    フクロウ飼ったら、今度は逆に数日で猫が居なくなる可能性があるので(謎)、
    そもそもダメなワケですがwwwwww。

    冬場の猫はいいですねぇ。
    まだまだ暑いので全然寄ってもきませんがw。

Write A Comment

Please register in sprasia to post comments.


SignUp

Profile

Kagami-P (Within 1day)

Channels Created Using This Content

Not created yet.