• 17/05/23 20:57

    fb15

    [ラグビー愛好日記]ラグビーイベントのお知らせ、いろいろ。ぜひご参加ください!


    シンガポールから帰国し、火曜日は、J:COM東大阪の「熱血!トライあんぐる」の収録。この番組は東大阪地区でしか見られないのだが、そのうちエリアを拡大する可能性もあるので、ぜひご支援を! 松竹芸能のタレント、きのせひかるさんと毎回ゲストを交えてやっています。

    さて、まもなく日本代表のテストマッチシリーズが始まるが、その日本代表メンバーの最終セレクションともいえる、サンウルブズのチーターズ戦が5月27日、秩父宮ラグビー場で行われる。この日はさまざまなイベントが予定されているのだが、なんとサンウルブズとJAF(日本自動車連盟)が連動し、交通安全を意識付ける。ニュージーランド遠征で、サンウルブズの選手達が交通事故に遭遇し、立ち往生した車を人力で動かして救出したことはニュージーランドのみならず、日本のメディアでもニュースになった。今回、この救助活動の意義を忘れないよう行われるイベントだという。

    場所:正面広場内 特設ブース
    時間:11:30~
    <「子ども安全免許証」(ウルビー記念バージョン)の発行>
    JAFが発行する「子ども安全免許証」にサンウルブズのロゴとウルビーのイラストが入った『ウルビーオリジナルバージョン』を先着100名に発行!とのこと。
    https://sunwolves.or.jp/information/article/4404/

    さて、以下は、僕が進行するトークライブのお知らせ。


    ラグビー愛好日記トークライブ2017水無月
    ~2019年に向けてわたしたちのできることvol.16~

    6月29日(木)のゲストは、昨季の二冠王者サントリーサンゴリアスの流大キャプテンです。今季のサントリーのこと、日本代表のこと、キャプテンとしてチームを率いる楽しさ、難しさ、ご本人のラグビー観などさまざまに伺おうと思います。流選手の生の声を、ぜひ聞きに来てください。

    日時:2017年6月29日(木)
    19:00開演(18:30開場)
    会場:スポーツバー「Fields(フィールズ)」
    進行役:村上晃一(ラグビージャーナリスト)
    ゲスト:流大(サントリーサンゴリアス)
    ※ゲストは負傷やチーム事情などにより、変更になる可能性があります。
    参加費:5,000円(ワンドリンク+お料理)
    ■申し込みは以下まで。
    文鳥舎 佐藤
    bunchou@jcom.home.ne.jp
    042-421-0406
    ※定員50名。定員になり次第締め切ります。受付中。

    ▼7月8日(土)、朝日カルチャーセンター立川教室で、石原慎太郎選手がラグビーの魅力を語ります。
    日時:2017年7月8日、18:30~20:00
    申込み、詳細は朝日カルチャーセンターのサイトにて。
    https://www.asahiculture.jp/tachikawa/course/3eef69a3-9d58-cb93-abfd-58e8745799e8

    ▼5月26日(金)、クボタスピアーズの若手コンビがノーサイドクラブでトークライブに臨む。
    日時:5月26日(金) 20:00~22:00 (19:30~開場)
    場所:ノーサイドクラブ(東京都豊島区高田3-10-22 キャッスル安斎ビル2F)
    ゲスト:合谷和弘選手、近藤英人選手(クボタスピアーズ)
    申込み、詳細はノーサイドクラブのサイトにて。
    http://nosideclub.jp/info/2017/2017_0526_noside_live34.html

    ▼6月9日(金)、【熊本支援ルーマニア戦前夜祭】トークショー&パーティー。
    日時:6月9日(金)19:00~トークショー(18:30開場)
    会場:蔦屋書店熊本三年坂(入場無料)
    20:00~パーティー
    会場:LIFE・DailyMeals(会費=5,000円)
    ゲスト:箕内拓郎、小野澤宏時、大西将太郎
    申込み&問い合わせ:NPO法人ヒーローズ
    06-6864-7311
    Info@npo-heroes.com
    090-3352-4029
    事務局・西尾、原まで

    ▼6月14日(水)、キヤノンイーグルスの人気者が高田馬場にやってくる!
    日時:6月14日(水) 19:30~21:30 (19:00~開場)
    場所:ノーサイドクラブ(東京都豊島区高田3-10-22 キャッスル安斎ビル2F)
    ゲスト:橋野皓介選手、原田季郎選手(キヤノンイーグルス)
    申込み、詳細はノーサイドクラブのサイトにて。
    http://nosideclub.jp/info/2017/2017_0614_noside_live35.html

    ★もうひとつお知らせ
    全国縦断ファンベルト計画・第4弾
    ▼ジャパンラグビーネットワーク&ノーサイドプロジェクト Presents
    【ラグビーファン集合! 2017.6.15、みんなで繋がろう】

    2019年、日本で行われるラグビーワールドカップを、できるだけたくさんに皆さんで楽しみたい。そんな想いでラグビーの普及活動を続けるノーサイドプロジェクトが、2017年6月15日、全国のラグビーファンの皆さんに向け、ツイキャス配信を行います。
    今回は、この春現役を引退し、サントリーサンゴリアスのコーチとなった有賀剛さんをゲストに迎えて楽しくラグビー談議をします。その様子をツイキャスで全国のラグビーファンの皆さんにお届けします。今回は、ツイッターを使い、有賀さんへの質問を受け付け、一緒に楽しんでいただくようにしたいと思います。2019年に向かって、ラグビーへの想いを共有して楽しい時間を過ごしましょう。
    参加方法は自由です。個人でツイキャスだけ見るのもよし、全国各地のスポーツパブに集ってグループで楽しんでもよし。
    19:30~21:00まで、自由に楽しんでください。最後は皆で渡瀬あつ子さんの「楕円桜」を合唱しましょう。
    当日の放送は、ツイキャス名が、rugby2019
    http://twitcasting.tv/c:rugby2019
    ライブ名は、NosideProject 楕円桜 で検索してください。
    ●日時:2017年6月15日、19:30~21:00
    ●進行:村上晃一、有働文子、渡瀬あつ子
    ●ゲスト:有賀剛(サントリーサンゴリアス)
    ※ノーサイドプロジェクトのTwitter(ユーザー名:@NosideProject)で、有賀剛さんへの質問を受け付けております。 投稿に以下のハッシュタグつけていただけると助かります! 「 #ノーサイドプロジェクト」 「 #arugasanQA 」
    ※ノーサイドプロジェクトのツイッターは、カタカナ表記の、ノーサイドプロジェクト。
    ユーザー名は、@NosideProject で検索してください。

    http://www.sprasia.com/tv/user/nosidepj/top

    fb15さんのブログ - ラグビー愛好日記

  • 17/05/22 0:59

    fb15

    [ラグビー愛好日記]シンガポール弾丸取材


    シンガポールへの弾丸取材ツアー終了。金曜日の朝に着いて、両チームのキャプテンズラン(前日練習)を見て、JSPORTSで現地レポート。試合当日は午後7時55分キックオフだったので街を歩いてみたのだが、5分で汗びっしょりになった。地元の人しか行かないような屋台村のようなところで、定番のチキンライスを食べて腹ごしらえ。試合会場につくと、地元も高校大会の決勝戦をしていて、両チームの応援団がものすごい大声援で盛り上がっていた。名門校同士の対決に盛り上がる。日本と同じように感じた。その後、サンウルブズのグッズ販売をしているブースなど見学していたら、日本からやってきたたくさんのファンの皆さんと出会った。

    20170521-1.jpg

    そして、この眺め。マリーナベイ・サンズも見える。大型ビジョンに映し出されているのは、以前、来た時のサンウルブズ。シンガポールのファンの皆さんも試合を楽しみにしていることが実感できて嬉しかった。

    シンガポールナショナルスタジアムは、頻繁に屋根の開閉をしており、前日も両チームのキャプテンズランの間は閉じて、終わると開ける。選手がいるときに屋根を閉めるのは、空調を効かせるため。体感で外気温と5度くらいは違う。ただし、上の方のスタンドは暑いようだ。僕は試合中にメインスタンド中段くらいの記者席にいたのだが、生暖かい風が吹いてきて、ジャケットを着ているのは無理だった。

    試合は、JSPORTSでご覧になった方も多いと思うが、シャークスの強さを目の当たりにすることに。激しいコンタクトプレーで、サンウルブズの体力を奪う力強い戦いぶり。特にFW第三列のパワー、WTB、FBのスピード、素晴らしかった。サンウルブズも懸命のタックルで粘り、後半30分をすぎるまで4点差で食い下がったが、決定力の差は明らかだった。怪我をした選手が多かったので、5月27日のチーターズ戦(秩父宮ラグビー場)が心配だが、6月の日本代表戦の最後のメンバー選考の場でもあり、今季2勝目を狙って出場選手は全身全霊をかけたプレーをしてくれるだろう。

    20170521-2.jpg

    シンガポールでは仕事を抱えて行ったから、観光などはできなかったのだが、夜景を見ながら食事はすることができた。鳥料理が大好きな僕としては、大満足の時間だった。写真はリバークルーズの船が浮かぶシンガポールリバー。川沿いの灯りは、すべて飲食店。深夜までにぎわっていた。

    ■スーパーラグビー2017第13節結果
    観客:10,765人
    サンウルブズ●17-38○シャークス(前半7-21)

    fb15さんのブログ - ラグビー愛好日記

  • 17/05/17 19:04

    fb15

    [ラグビー愛好日記]オールブラックス来日試合決まる


    昨日はサントリーサンゴリアスから、オーストラリア代表で103キャップを誇るマット・ギタウの入団が明らかになったが、きょうもビッグニュース。2018年11月3日、世界王者のニュージーランド代表オールブラックスが来日し、日本代表と戦うことが明らかになった。もう予定に入れた人が多いと思うけれど、チケット確保も大変そうだ。2019年のラグビーワールドカップの開催スタジアムということになるのだろう。

    開催日:2018年11月3日(土)
    日本代表対ニュージーランド代表(オールブラックス)
    ※試合会場およびキックオフ時間は未定

     日本ラグビーフットボール協会 岡村正会長コメント(17日の記者会見)
    「このたび、世界ランキング1位のニュージーランド代表・オールブラックスとの対戦が決まり、イングリッシュ首相の同席を得て発表できることをこの上ない名誉なことと受け止めております。オールブラックスは、2019年のラグビーワールドカップ日本大会で初の大会3連覇という偉業に向かうことになります。その強さはもちろんですが、誇り高きプレーや言動、どのような対戦相手をも尊重する姿勢などから、世界中のラグビーファンを魅了し続けています。
    これまで日本代表は5回対戦しいずれも大敗しています。しかし、2019年の自国大会でベスト8以上という大きな目標を掲げる日本代表と致しましては、ラグビーのレベルはもとより、オールブラックスの圧倒的な存在感と人気に近づき、好敵手と認められることを目指して今回の対戦に臨む所存です。ラグビーワールドカップ2019日本大会の組分け抽選会が終わった翌週に、オールブラックスという素晴らしいチームとの対戦が決まったことに心より感謝を申し上げ、ご挨拶とさせていただきます」

    fb15さんのブログ - ラグビー愛好日記

  • 17/05/15 22:16

    fb15

    [ラグビー愛好日記]石原慎太郎選手が、7月8日、ゲスト講師で語ります。


    7月8日(土)、朝日カルチャーセンター立川教室で、石原慎太郎選手がラグビーの魅力を語ります。僕は聞き手です。

    ◎講座内容
    今回のゲストは、昨年度、日本ラグビーの頂点に立ったサントリーサンゴリアスの石原慎太郎選手。ポジションは、スクラム最前列で体を張るプロップです。4月から5月にかけて開催されたアジアラグビー選手権に出場した日本代表では副将も務めました。寡黙な選手が多いプロップですが、石原選手は明るく、クレバーな語りで知られます。きっと、スクラムの謎を分かりやすく語ってくれることでしょう。

    日時:2017年7月8日、18:30~20:00

    詳細は朝日カルチャーセンターのサイトにて。申し込み受付開始は、5月16日(火)9:45からです。

    https://www.asahiculture.jp/tachikawa/course/3eef69a3-9d58-cb93-abfd-58e8745799e8

    fb15さんのブログ - ラグビー愛好日記

  • 17/05/15 21:13

    fb15

    [ラグビー愛好日記]ラグビー愛好日記トークライブ、6月29日開催


    ラグビー愛好日記トークライブ2017水無月
    ~2019年に向けてわたしたちのできることvol.16~

    サントリーサンゴリアスのキャプテンがゲスト!

    6月29日(木)、ラグビー愛好日記トークライブを開催します。ゲストは、昨季の二冠王者サントリーサンゴリアスの流大キャプテンです。4月、5月に行われたアジアラグビーチャンピオンシップに参加した日本代表でもキャプテンを務めた流選手は、今後も日本ラグビーを引っ張っていく存在。今季のサントリーのこと、日本代表のこと、キャプテンとしてチームを率いる楽しさ、難しさ、ご本人のラグビー観などさまざまに伺おうと思います。流選手の生の声を、ぜひ聞きに来てください。

    受付開始は、5月21日(日)、10:00からです。お間違いなく。

    日時:2017年6月29日(木)
    19:00開演(18:30開場)
    会場:スポーツバー「Fields(フィールズ)」
    http://e-fields.jp/
    東京都渋谷区桜丘町15-19 第8東都ビル2階
    03-3496-8844
    JR渋谷駅南改札西口を出て左。歩道橋をファミリーマート側へ。
    ファミリーマートを右に見て進む。キリンシティを右折してすぐ。

    進行役:村上晃一(ラグビージャーナリスト)
    ゲスト:流大(サントリーサンゴリアス)
    ※ゲストは負傷やチーム事情などにより、変更になる可能性があります。
    参加費:5,000円(ワンドリンク+お料理)
    ※受付開始:5月21日(日)10:00より。

    ■申し込みは以下まで。
    文鳥舎 佐藤
    bunchou@jcom.home.ne.jp
    042-421-0406
    ※定員50名。定員になり次第締め切ります。

    fb15さんのブログ - ラグビー愛好日記

  • 17/05/15 19:35

    fb15

    [ラグビー愛好日記]箕内拓郎&伊藤宏明トークライブ


    5月14日(日)の夜は、高田馬場のノーサイドクラブでのトークライブだった。ゲストは、日野自動車レッドドルフィンズの箕内拓郎FWコーチ、伊藤宏明BKコーチ。2人は、1975年生まれの同期。箕内さんは、関東学院大学が初めて日本一になったときのキャプテンで、その後、NEC、日本代表などで活躍、2003年、2007年のラグビーワールドカップで日本代表キャプテンを務めた。伊藤宏明さんは、大阪工大高(現・常翔学園)から明治大学に進んだSOで、サントリーサンゴリアスでは日本一を経験し、イタリアのラクイラ、日本のサニックス、クボタ、NTTドコモと数多くのチームでプレーした。互いに現在はプロのコーチとして活動している。

    20170514-1.jpg

    「こんな、おっさん2人の話を誰が聞きに来るんですか」と言っていた箕内さんだが、ふたを開けてみれば、2人のことを大学時代から知るファンが詰めかけて超満員に。2人が語るチーム作り、古巣へのコメントは興味深かった。伊藤さんは昨年から、箕内さんはこの春から日野自動車のコーチとなっている。伊藤さんは「これから強くなっていくチームをトップリーグに上げて行くことに魅力を感じて」と理由を話し、箕内さんは「いまの監督の細谷さんに、NECのときも誘われたし、そういう縁なのかなと思って」と語った。また、箕内さんは昨季、NTTドコモのコーチでチームをトップリーグに昇格させており、「2年連続でトップリーグ昇格を果たしたコーチというのは、いないのではないですか」とジョーク交じりに目標を語った。

    2人とも、日野自動車の未来に大きな可能性を感じているらしく、いいチームになるべく貢献したいとのことだった。箕内さんは、日本代表48キャップのうち45試合でキャプテンを務めた日本ラグビー史上屈指のリーダー。その語りも説得力があり、詰めかけたお客さんをも包み込んでいた。一方の伊藤さんも、プレーメイカーとしてゲーム運びを司っていた人らしく、理知的な語りでお客さんを魅了した。ちなみに、ウィキペディアで伊藤さんを調べると、ニックネームが「アジア太郎」と紹介されているのだが、「大学時代に主務が勝手に書いたもので、そんなふうに呼ばれたことはありません(笑)」とのこと。

    今季の日野自動車には、NECから村田毅、東京ガスからヘイデン・クリップス、パナソニックから林泰基ら日本代表クラスの選手が加入しており、トップチャレンジでの飛躍が楽しみなチーム。「今年の目標はトップリーグ昇格、それ以上でも以下でもない」と箕内コーチ。2人とも力強く意気込みを語ってくれた。ゲストのお2人、参加者の皆さん、ありがとうございました。

    次回、この場所でのトークライブは、5月26日(金)、クボタスピアーズの合谷和弘選手と近藤英人選手がゲスト。申し込み受付中です!
    http://www.nosideclub.jp/info/2017/2017_0526_noside_live34.html

    fb15さんのブログ - ラグビー愛好日記

  • 17/05/13 20:48

    fb15

    [ラグビー愛好日記]日本代表、アウェイの香港代表戦結果


    アジアラグビーチャンピオンシップ(ARC)2017に参加している日本代表は、5月13日、香港フットボールクラブのグラウンドで香港代表と対戦し、16-0で勝ち、4戦全勝で優勝を決めた。スーパーラグビーも並行して行われているため、ARCに参加する日本代表は若い選手が主体。今年は、力をつけてきた韓国、香港相手に苦しい戦いが続いているが、この日も、香港代表に大苦戦。ホームの声援を背に攻守に激しく前に出てくる相手に差し込まれるシーンも多く、前半は、SO山沢拓也のPGのみの、3-0。

    後半開始早々に山沢のPGで6-0とし、5分には、CTB中村亮土の防御背後へのキックをCTB鹿尾貫太が拾って、WTBアマナキ・ロトアヘアにつなぎ、そのままトライ。スクラムからのサインプレーが決まって、13-0とした。このまま突き放すかと思われたが、ここからスコアは伸びず、PGを追加したのみでの勝利となった。

    ディフェンスは機能しているところが多かったが、雨のコンディションもあって攻撃面ではミスが多く、ボール争奪戦で激しくプレッシャーをかけてくる香港に対して、テンポの良いボール出しもできなかった。日本代表の戦略を遂行することを意識しすぎて、アグレッシブにプレーできていないようにも見えた。

    ■試合結果
    香港代表●0-16○日本代表(前半0-3)

    fb15さんのブログ - ラグビー愛好日記

  • 17/05/13 14:22

    fb15

    [ラグビー愛好日記]5月31日、みなとスポーツフォーラム開催


    ラグビーワールドカップ2019のプール分けが決まり、各国の強化も本格化。これを受けて、5月31日(水)の「第73回みなとスポーツフォーラム」は、ちょっと気が早いけれど「ラグビーワールドカップ2019を占う」と題して開催。「Team Japan2019」男子15人制日本代表 強化副委員長の永友洋司さんをゲストに、ラグビー博士の小林深緑郎さんを招いて語り合う。僕が進行役を務めます。深緑郎さんのマニアックな情報も楽しみです。

    概要は、以下の通り。

    名称:「みなとスポーツフォーラム 2019年ラグビーワールドカップに向けて」
    テーマ:「組み合わせ決定!ラグビーワールドカップ2019を占う」
    ゲスト:永友洋司(「Team Japan2019」男子15人制日本代表 強化副委員長)
    進行:村上晃一(ラグビージャーナリスト)
    解説:小林深緑郎(ラグビージャーナリスト)
    開催日時:2017年5月31日(水)19時~20時30分(開場18時30分)
    開催場所:みなとパーク芝浦内「男女平等参画センター(リーブラ)ホール」
    定員:200名(先着順)
    参加費:無料(港区在住・在勤・在学者)
    1,000円(JRFUメンバーズクラブ会員・港区以外の学生)
    2,000円(一般)
    ※会場には駐車場がございませんので、ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。
    ※港区在住・在勤・在学の方は当日在住・在勤・在学を証明できるもの、JRFUメンバーズ会員の方は会員証、港区以外の学生の方は学生証を当日お持ちください。

    http://minato-jrfu.d2.r-cms.jp/survey_answer/id=94

    fb15さんのブログ - ラグビー愛好日記

  • 17/05/11 10:03

    fb15

    [ラグビー愛好日記]ラグビーワールドカップ2019組分け決まる


    ラグビーワールドカップ2019組分け抽選会(RWC2019 POOL DRAW)が、5月10日、京都迎賓館で行われた。結果は以下の通り。日本はこれまで抽選には恵まれないことが多かったが、今回は、決勝トーナメント進出への期待を抱かせる組になったことは確か(各プール上位2チームが決勝Tへ)。しかし、それはニュージーランド(オールブラックス)、イングランド、オーストラリアに比べれば可能性があるのではないか、という期待。過去のRWCではアイルランド、スコットランドには負けているし、アイルランドは、昨年はオールブラックス、今年はイングランドに勝っており、楽観視できるプールではない。前大会同様、周到な準備で臨まなければ、悲願である決勝トーナメント進出は達成できない。

    ヨーロッパ地域1は、ルーマニアになる可能性もあり、6月のルーマニア、アイルランドの来日が俄然注目を集めることになった。ただ、これも難しいのはアイルランドがブリティッシュ&アイリッシュライオンズのニュージーランド遠征で多くの主力を欠いているため、日本側にとって得られる情報量が少なくなる、ということ。アイルランド側のほうが、日本の環境、選手の情報も含めて得られるものが多い気がする。

    いよいよ、RWC2019への強化が本格化する。2019年に向かっての情報戦も始まることになるわけだ。

    <ラグビーワールドカップ2019 組分け>
    【プールA】
    アイルランド、スコットランド、日本、ヨーロッパ地域1、ヨーロッパ・オセアニア地域プレーオフ勝者
    【プールB】
    ニュージーランド、南アフリカ、イタリア、アフリカ地域1、敗者復活予選優勝チーム
    【プールC】
    イングランド、フランス、アルゼンチン、アメリカ地域1、オセアニア地域2
    【プールD】
    オーストラリア、ウェールズ、ジョージア、オセアニア地域1、アメリカ地域2

    fb15さんのブログ - ラグビー愛好日記

  • 17/05/10 13:35

    fb15

    [ラグビー愛好日記]糺の森に、古くて新しいラグビーの聖地誕生


    5月10日の朝、京都の下鴨神社で、ラグビーワールドカップ(RWC)2019日本大会組分け抽選会のために来日した出場国の代表者、それを迎える開催自治体の首長や大会組織委員会の御手洗富士夫会長、協会関係者ら200名以上が集って、「蹴鞠、第一蹴の地記念碑視察会」が行われた。

    20170510-1.jpg

    「第一蹴の地」とは、下鴨神社の敷地内にある糺の森の中にある石碑のこと。その石碑には、1910年、日本ラグビーのルーツ校である慶應義塾の学生が、京都の第三高等学校の学生にラグビーを伝えたという記述がある。第三高等学校とは、当時の高等教育機関で国立の高校。当時は日本に八校しなかったナンバースクールの一つ。当時の超エリートが通った。この三高にラグビー部が創部されたことで、一気にラグビーが広まる。

    翌年には東京遠征して慶應と試合。京都では同志社、京都一中(現・洛北高校)と次々にラグビー部が創部され、三高の試合を見て感激した京都一中時代の香山蕃さんは、同高にラグビー部を作り、三高から東京大学に進んで、ここでもラグビー部を創部し、京都大学の友人にラグビー部を作らせるなど、日本のラグビーの発展に大きく寄与した。香山さんは、英国留学で本場のラグビーを学び、1930年、はじめて結成された日本代表監督となってカナダ遠征。6勝1分けの好成績を残す。日本ラグビーフットボール協会の第三代会長にもなった。また、早稲田大学のラグビー部を創部したのも、同志社の卒業生だった。すべては、糺の森から始まったわけだ。

    この事実を後世に残すため、昭和44年、三高OBによって作られた「第一蹴の地」の石碑の横に、お社が再興された。これは、もともと糺の森の馬場にあった雑太社(さわたしゃ)という神社。雑太社は、神魂命(かんたまのみこと)とう神様が祀られており、魂は球に通じるとされ、ここではさまざまなスポーツ大会が開かれてきたという。だからこそ「第一蹴の地」になったわけだ。このあたりには4つのお社があったそうだが、第二次世界大戦後の食糧難で芋畑となり、その後、再建されていなかった。現在、下鴨神社はその再興を始めているところだが、今回は、RWC2019の抽選会が行われるこの時期に前倒しして建築された。RWC2019の最初のレガシーと言えるかもしれない。

    20170510-2.jpg

    RWC2019の参加が決まっている12チームすべてのコーチではなかったが、アイルランドのジョー・シュミット氏、フランスのギー・ノヴェス氏、南アフリカのアリスター・クッツィエ氏、アルゼンチンのダニエル・ウルテガ氏らが参加し、蹴鞠体験などを楽しんだ。RWC2019アンバサダーの皆さんもやってきて、蹴鞠保存会の皆さんと記念撮影。元日本代表の廣瀬俊朗さんも、新しくアンバサダーの一員となった。

    20170510-3.jpg

    下鴨神社、糺の森、雑太社、第一蹴の地。ラグビー関係者、ファンにとって古くて新しいラグビーの聖地として、多くの人が参拝に訪れることになりそうだ。

    さて、いまは5月10日の午後2時30分、まもなく抽選会が始まる。僕はJSPORTSの生中継で現場レポートの予定。結果については、さまざまなメディアに紹介されると思うので、明日にでも簡単に触れたい。

    fb15さんのブログ - ラグビー愛好日記

2349件中 1-10 件目を表示

TOP

企業情報


«  2017年5月  »
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31