• 18/10/20 21:14

    fb15

    [ラグビー愛好日記]トップリーグ第7節の結果&順位決定戦組み合わせ


    10月20日は、ノエビアスタジアム神戸に行っていた。JSPORTSでトップリーグ第7節の神戸製鋼コベルコスティーラーズ対NECグリーンロケッツを解説するためだった。試合は、NECのキックオフで始まり、NECが攻勢に出たが、自陣でボールを奪い返した神戸製鋼がワイドに展開し、FB山中亮平が防御ラインを突破。WTBアンダーソンフレイザーがパスを受けて相手陣深くに入り、最後は内側(左側)にサポートした山中が再びパスを受けて、インゴール中央に回り込んだ。

    山中は日本代表に追加招集されたが、プロテクト枠には入らず、この試合でも先発。思い切りの良い突破で何度もチャンスを作り、自ら3トライをあげ、マン・オブ・ザ・マッチに輝いた。試合後のインタビューでは、平尾誠二さんの命日だったことについて質問を受け、「平尾さんのためにも絶対に良い結果で終わろうと、この一週間準備してきました」と話した。山中選手はドーピング違反で2年間の選手資格停止処分を受けたことがある。本人は自覚のないなか禁止薬物を使ってしまった末の処分だった。そのとき、「我慢しろ。必ずプレーできるようにしてやるから」と励ましたのが平尾さんだったという。人一倍、この日にかける意気込みは強かっただろう。

    山中のトライで勢いづいた神戸製鋼は、SOダン・カーターの好判断から次々にディフェンスを破り、点差を広げた。今季初先発のFLタウムア・ナエアタは持ち前の突進力で何度も前進、CTBアダム・アシュリークーパーの攻守にわたる安定したプレーも光った。NECも何度も攻め込んだが、トライまでの決定力には差があり、健闘むなしく敗れ、レッドカンファレンスのトップ4の座を逃した。

    この結果、神戸製鋼の1位が確定。他会場の結果は以下の通りで、12月に行われる順位決定トーナメント1回戦の組み合わせも決まった。

    ■トップリーグ2018-2019第7節結果
    ◇東京・秩父宮ラグビー場
    NTTコミュニケーションズシャイニングアークス◯31-12●宗像サニックスブルース
    日野レッドドルフィンズ●12-50◯サントリーサンゴリアス
    ◇埼玉・熊谷スポーツ文化公園(県営熊谷ラグビー場)
    パナソニック ワイルドナイツ◯25-6●キヤノンイーグルス
    ◇大阪・万博記念競技場
    ヤマハ発動機ジュビロ◯40-36●リコーブラックラムズ
    ◇愛知・パロマ瑞穂ラグビー場
    トヨタ自動車ヴェルブリッツ◯31-20●豊田自動織機シャトルズ
    ◇兵庫・ノエビアスタジアム神戸
    神戸製鋼コベルコスティーラーズ◯48-31●NECグリーンロケッツ
    ◇広島・コカ・コーラ ボトラーズジャパン 広島スタジアム
    コカ・コーラレッドスパークス●12-50◯クボタスピアーズ
    ◇三重・三重交通G スポーツの杜 鈴鹿 サッカー・ラグビー場
    Honda HEAT◯45-26●東芝ブレイブルーパス

    ◎総合順位決定トーナメント(12月1日、2日)

    ■1位~8位決定トーナメント
    神戸製鋼 対 リコー
    パナソニック 対 トヨタ自動車
    サントリー 対 クボタ
    ヤマハ発動機 対 NTTコミュニケーションズ

    ■9位~16位決定トーナメント
    NEC 対 コカ・コーラ
    東芝 対 日野
    豊田自動織機 対 キヤノン
    Honda 対 宗像サニックス

    ◎個人賞も決まった
    「最多トライゲッター 」
    レメキ ロマノ ラヴァ(Honda HEAT)
    8 トライ

    「得点王」
    サム・グリーン (豊田自動織機シャトルズ)
    68 得点【6T/10G/6PG】

    「ベストキッカー」
    ダン・カーター (神戸製鋼コベルコスティーラーズ)
    キック成功率(G・PG)86.2% (G:20回中16回成功 80.6%,PG:9回中9回成功 100%)

    ※2018-2019 シーズン ベストキッカー選出基準=ゴールキックおよびペナルティーゴールの回数が 22 回以上の選手のうち、最も成功率の高い選手を選出。ドロップゴー ルは対象外。

    fb15さんのブログ - ラグビー愛好日記

  • 18/10/18 0:37

    fb15

    [ラグビー愛好日記]深緑郎さんと横浜でトークライブ


    20181017-1.jpg

    10月17日の夜は、横浜市弁天町のラグビーダイナー「セブンオウス」でのトークライブだった。題して『ラグビーワールドカップ2019横浜国際総合競技場に強豪国がやってくる!徹底解説』。久しぶりにラグビー博士の小林深緑郎さんと2人でたっぷりトークした。深緑郎さんは、相変わらずもの凄い知識量で情報通。そのうえ、突っ込みやすいから楽しい。

    実は今回のトークライブは前編で、後編は11月27日に開催される。もちろん、どっちか一回の参加もあり。各プールの展望をしていたら、Aプールで深緑郎さんが「サモアは要注意」と発言。「スーパーラグビーのFWコーチだったスティーブ・ジャクソンという人が新しくヘッドコーチになり、ニュージーランドでプレーするサモア系の選手を呼びたいと話していますからね」。つまり、スーパーラグビークラスのチームになるということか。2015年のサモアよりずっと手ごわい相手になりそうだ。

    20181018-2.jpg

    アイルランドはどうでしょうね? 「そりゃ、強いでしょう。安定感がある。しかし、ワールドカップで優勝するには7連勝しなくてはいけない。アイルランドはワールドカップでベスト4になったことがないのです。それは難しいのでは」。オーストラリアが意外にやるかもしれないとか、イングランドはいま選手を追い込んでいるのかもとか、深緑郎さん独自の視点での展望は面白かった。ドイツのラグビーのことを聞かれて、すぐにコーチのことや、スタッドフランセのオーナーがドイツラグビーにお金を出しているとか、次々に答えてくれて、お客さんも目を輝かせて聞いていた。僕と深緑郎さんは、イングランド対日本代表の試合をトゥイッケナムで見てくる。そんな土産話も、次回(11月27日)は、できるだろう。

    改めて思ったけど、横浜スタジアム(日産スタジアム)で開催される試合は、ハズレなしの注目カードが並ぶ。横浜の皆さん、これ、楽しまなきゃ損ですよ~。

    次回もこの2人でお送りします!

    20181017-3.jpg

    ▼次回のお知らせ
    日時:11月27日(火)、19:30開演(19:00受付開始)
    ゲスト:小林深緑郎、村上晃一
    費用:¥4,000(お一人様)ワンドリンク・軽食ブッフェ付き
    申し込み方法:電話・メールにてお願いします。
    ※電話でのお申込み、お問合せは17:00以降でお願いします。
    ※先着40名様で締め切らせていただきます。
    会場:ラグビーダイナーセブンオウス
    横浜市中区弁天通2-29 森藤ビル3階
    電話:045-319-4259
    メール:info@7-oaths.com

    ▼ご来店は▼▼
    JR 関内駅・横浜市営地下鉄 関内駅より徒歩10分
    みなとみらい線 日本大通り駅より徒歩5分
    URL:https://www.7-oaths.com/

    fb15さんのブログ - ラグビー愛好日記

  • 18/10/15 16:41

    fb15

    [ラグビー愛好日記]ヘイデン・パーカー選手トークライブ告知


    大阪本町のニュージーランドレストラン「マヌカ」に驚異の成功率誇るプレースキッカー、ヘイデン・パーカー選手ががやって来ます!

    11月5日(月)、待望のトークライブが実現します。大阪・本町のニュージーランドレストラン「MANUKA(マヌカ)」は、昨年11月よりラグビーナイトと称してトークライブを続けてきました。一周年となる11月、神戸製鋼コベルコスティーラーズ、サンウルブズで活躍するヘイデン・パーカー選手を招きます。

    パーカー選手と言えば、90%以上という成功率を誇る正確無比なプレースキッカー。サンウルブズではストーマーズを破る劇的ドロップゴールなど、キックのスペシャリストとして活躍。175㎝、82㎏という小さな体でタックルも強く、チームを勝利に導くスタンドオフです。キック成功の秘訣や、小さな体で戦うスピリットなど、さまざま伺いましょう。ラグビーの魅力の詰まったトークになりそうです。

    日時:2018年11月5日、受付開始:午後7時
    講演:午後7時30分~8時30分 会⾷ 8時30分〜9時30分
    司会:ラグビージャーナリスト 村上晃⼀
    ゲスト:ヘイデン・パーカー(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)
    会場 :マヌカ本町店(⼤阪市中央区本町4丁⽬4−5ナカノビル1F)
    ※御堂筋線「本町駅」8番出⼝より徒歩4分
    参加費:4,500円(料理、ワンドリンク、おつまみ付き)

    ご予約:メールにて。info@manuka-nzl.com〔担当:坂本〕
    ※申し込みフォームは以下のサイトにあります。
    http://blog.manuka-nzl.com/?page_id=213
    お問合せTel 06-6226-7782 平⽇11~6pm お席は限りがございますのでお早めに!

    fb15さんのブログ - ラグビー愛好日記

  • 18/10/13 17:58

    fb15

    [ラグビー愛好日記]トップリーグ第6節結果


    10月13日(土曜)は、全国各地でトップリーグ第6節の8試合が開催された。僕はJSPORTSの解説で福岡県宗像市のグローバルアリーナに行っていた。快晴でピッチコンディションも良く、日差しが少し強すぎたくらいで、観戦日和だった気がする。

    レッドカンファレンスのサントリーサンゴリアス対宗像サニックスブルースの戦いは、午後1時キックオフ。先制したのは宗像サニックスだった。前半5分、今季初登場の南アフリカ代表CTBアンドレ・エスターハイゼン、NO8ダン・プライヤーらがパスをつないで、最後はWTB山田大生が右中間に走り込んだ。サントリーは9分、宗像サニックスのゴールラインに迫ると、スクラムで押し込み、反則を誘いながらSH流大のロングパスにCTB中村亮土が走り込んでトライ。CTBマット・ギタウのゴールも決まって、7-5と逆転する。

    宗像サニックスもSOジェイソン・エメリーのPGで逆転するが、33分、サントリーは連続攻撃からLOジョーダン・スマイラーがトライし、再び逆転した。以降は、ラインアウトのモールからHO北出卓也がトライするなど徐々に差を広げた。宗像サニックスは、反則が多く、ラインオフサイド、スクラムの反則の繰り返しと、故意のオフサイドで3人がシンビン(10分間の一時退場)となり、多くの時間を14人で戦った。また、ラインアウトの獲得率も低く、ボールをキープして攻めることができなかった。

    一方のサントリーも、沢木敬介監督が「くだらないミスが多い」と不満の表情で語るなど、簡単なハンドリングエラー、キックのミスが目立った。それでも勝ったのはアグレッシブにボールをつないだからこそだが、王者の戦い方ではなかったのは確かだ。最終スコアは、40-18だった。

    他会場の結果を知り驚かされた。群馬県の太田で圧倒的な強さを誇っていたパナソニック ワイルドナイツをリコーブラックラムズが破った。これらの結果、神戸製鋼が勝ち点25、トヨタ自動車が勝ち点22、サントリーが勝ち点21となり、それぞれレッドカンファレンス3位以上が確定。ホワイトカンファレンスは、すでに決まっていたパナソニックに加え、ヤマハ発動機が勝ち点24、リコーが勝ち点19、クボタが勝ち点18となり、それぞれホワイトカンファレンス4位以上が確定。順位決定戦(1~8位決定トーナメント)への出場が決定した。次節はレギュラーシーズンの最終順位が決まるが、それによって、順位決定戦の組み合わせが決まる。今節の順位もままであれば、順位決定戦の一回戦で、サントリー対パナソニックというカードが実現する。

    ■トップリーグ第6節結果
    ◇東京・秩父宮ラグビー場
    キヤノンイーグルス●17-52◯ヤマハ発動機ジュビロ
    NTTコミュニケーションズシャイニングアークス●36-38◯トヨタ自動車ヴェルブリッツ
    ◇福島・いわきグリーンフィールド
    東芝ブレイブルーパス●24-26◯クボタスピアーズ
    ◇群馬・太田市運動公園陸上競技場
    パナソニック ワイルドナイツ●17-26◯リコーブラックラムズ
    ◇千葉・柏の葉公園総合競技場
    NECグリーンロケッツ◯38-12●日野レッドドルフィンズ
    ◇長崎市総合運動公園かきどまり陸上競技場
    コカ・コーラレッドスパークス●31-52◯Honda HEAT
    ◇大阪・キンチョウスタジアム
    豊田自動織機シャトルズ●37-66◯神戸製鋼コベルコスティーラーズ
    ◇福岡・グローバルアリーナ
    宗像サニックスブルース●18-40◯サントリーサンゴリアス

    fb15さんのブログ - ラグビー愛好日記

  • 18/10/13 7:51

    fb15

    [ラグビー愛好日記]写真家たちが見つめる日本代表・10月30日より開催


    20181013.jpg

    10月30日~11月29日まで、ラグビーワールドカップ2019への軌跡~写真家たちが見つめる日本代表~」と題する写真展が、品川駅近くのキヤノンSタワーで開催される。

    日本ラグビーフットボール協会の主催で、ラグビーワールドカップ2019日本大会に向けて機運を高めるため、ラグビーの魅力や迫力を、写真を通じて感じてもらおうというもの。旧知のカメラマンが多いが、その中の一人、長岡さんが「ひとつの画面の中に、これだけたくさんの人が入ってくるスポーツはラグビーだけだよね」と話していた。たしかに、ひとつのボールにこれでもかと人が群がるスポーツは珍しい。それを想像するだけで迫力がある。ぜひ、みなさん品川へ。入場無料。

    写真展名:ラグビーワールドカップ2019への軌跡~写真家たちが見つめる日本代表~」
    主催 :日本ラグビーフットボール協会
    期間:2018年10 月30 日(火)~11 月29 日(木)
    時間:10:00~17:30 日・祝休館 入場無料
    会場:キヤノンSタワー2F キヤノンオープンギャラリー2
    東京都港区港南 2-16-6(JR 品川駅港南口より徒歩8分)
    出展写真家 : 長岡洋幸、出村謙知、築田純、長尾亜紀、松本かおり、谷本結利

    fb15さんのブログ - ラグビー愛好日記

  • 18/10/12 9:38

    fb15

    [ラグビー愛好日記]10月29日、大阪北浜トークライブ告知


    【ラグビー部マーラー・トークライブ2018神無月】

    大阪・北浜のラグビー普及促進居酒屋「ラグビー部マーラー」にて、緊急トークライブのお知らせです!

    今季のトップリーグで快進撃を続ける神戸製鋼コベルコスティーラーズより、先日の日野レッドドルフィンズ戦で4トライをあげた井関信介選手を招きます。ダン・カーター、ヘイデン・パーカー、日和佐篤など、スター選手の加入が話題の神戸製鋼ですが、ビッグネームがずらりと並ぶなかで、天理大学を卒業したばかりの井関選手の活躍は目を見張るものがあります。強気のラン、ステップはいかに習得されたのか。いったいどんなキャラクターなのか。急成長中の選手の声が生で聞ける貴重な機会です。10月29日、ラグビー部マーラーでラグビー談義に花を咲かせましょう!

    日時▼
    2018年10月29日(月曜日)=午後7時30分開演(午後7時より受付)
    会費:4,000円(2時間フリードリンク、軽食込み)
    場所:ラグビー部マーラー(大阪市中央区東高麗橋5-6南野ビルB1)
    進行:村上晃一
    ゲスト:井関信介(天理大学→神戸製鋼コベルコスティーラーズ)
    定員:30名

    ▼お申し込みは、メールにてアドレスkashima@oksystem.co.jpのラグビー部マーラー主将:加島まで。お名前、メールアドレス、電話番号、お申込人数をお知らせください。※お申込人数が複数の場合は同伴の方の氏名も全てご記入願います。先着順に受け付けさせて頂き、担当者からメールで連絡させて頂きます。受付中。

    fb15さんのブログ - ラグビー愛好日記

  • 18/10/10 14:19

    fb15

    [ラグビー愛好日記]出版&イベントのお知らせ


    まずは、出版のお知らせです。11月末に「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)という本が発売予定です。すでにAmazonでも予約受付中になっているのですが、これは小学生の高学年向けの本です。ラグビー憲章を軸に、それぞれの言葉で僕が話を聞いてみたい人に取材し、エピソードをまとめました。小学生のみんな、そして保護者の皆さんに読んでほしいのですが、もちろん、大人のラグビーファンの皆さん、これからラグビーに詳しくなりたいと思っている皆さんにも、ラグビーの精神とか文化を改めて知っていただければと思っています。

    9月は、ラグビーワールドカップ日本大会の一年前イベントが各地で行われましたが、10月もいろんなイベントが企画されています。僕が関わるものでは、今夜は、なんばグランド花月で「よしもとラグビー新喜劇」10月21日は、大阪・本町で大畑大介さんを招いてのレディースイベント。マヌカでは、10月25日夜にも、元神戸製鋼の藪木宏之さんと、亡くなって3年の平尾誠二さんのこと、現在のラグビーを語ります。
    詳細はコチラ
    https://www.jsports.co.jp/rugby/loverugby/post-2744/

    そして、10月20日(土)、トップリーグの神戸製鋼コベルコスティーラーズ対NECグリーンロケッツの試合が行われるノエビアスタジアム神戸で、3本立てのイベントがあります。僕はアフターマッチトークで、元神戸製鋼の平尾剛さん他のゲストと試合を振り返り、来年のラグビーワールドカップの展望などのトークをします。15:30~17:00
    概要、申し込み用紙はコチラ
    http://www.scix.org/news/118/

    そして、10月20日、大阪でも「不惑のスクラム ファンミーティング」というイベントがあるようです。以下、告知文です。

    ドラマを見終わったファン同士、ラグビーの良さを語ったり、俳優さんに撮影の裏側を聞いたりというイベントを開催します。もちろんお約束のやかんビール付き!
    さらにスペシャルゲストの来場が決定! あの平尾誠二さんと高校から社会人までしのぎを削った好敵手。39までワールドで現役を続け、その後も六甲ファイティングブルでプレーされている東田哲也さんです。惑ラグビー世代のスーパースターは何を語ってくれるのでしょうか?お楽しみに!

    日時:2018年10月20日(土) 17:30開場 18時開宴
    会場:ファントマあべのスタジオ 
    阿倍野区松崎町2-3-54 (JR・地下鉄 天王寺・近鉄あべの橋駅から南へ2分)
    ゲスト:大坂ヤンチャーズ 関西メンバー
    (伊藤えん魔・森田一休・やのぱん・船曳良紀)
    ラグビー指導チーム(守屋篤・今村隆政)
    スペシャルゲスト:東田哲也さん(元ワールド) 
             宮都謹次さん(俳優)
    参加費:全席自由3000円
    (やかんビール・ソフトドリンク+おつまみ付)
    <申し込み方法>
    メール本文に参加人数と名前・携帯電話番号を書いて
    rugbylove15@yahoo.co.jp に送ってください
    (申し込み順に整理番号入りの受付確認メールを返信しますので、当日提示して料金をお支払い下さい)

    fb15さんのブログ - ラグビー愛好日記

  • 18/10/07 17:41

    fb15

    [ラグビー愛好日記]トップリーグ第5節・日曜の結果


    10月7日は、大阪・長居のキンチョウスタジアムだった。神戸製鋼コベルコスティーラーズ対日野レッドドルフィンズの試合をJSPORTSで解説した。

    先制したのは日野だった。前半4分、SO染山茂範がPGを決める。しかし、ここからは神戸製鋼のトライラッシュとなる。7分、ゴール前のラインアウトモールからNO8中島イシレリがトライすると、12分、SOイーリー ニコラスがディフェンスを突破し、SHアンドリュー・エリスにつないでトライ。17分には、日野の攻撃にプレッシャーをかけ続け、苦しい状況でのパスをCTBリチャード・バックマンがインターセプトしてトライ。19-3とリードを広げた。

    21分のトライは自陣のスクラムからつないだもので、CTBアダム・アシュリークーパー、WTB井関信介、WTBアンダーソン フレイザーが2回ずつボールを触って井関がトライ。井関は29分にも、左コーナーでステップとスピンを使いながらタックラーを次々にかわしてトライしたほか、後半にも2トライを加えて、一人で「ラグビー人生初」という4トライをあげた。

    簡単にディフェンスを破る神戸製鋼に対して、日野は何度も攻めたがディェンスを崩すことができず、前半終了間際にWTB鄭演植がトライを一本返しただけに終わった。日野の村田毅キャプテンは完敗を認めたうえで、こうコメントした。「一つ一つの接点で前に出られなかったので、早い球出しができず、ディフェンスを崩せなかった。逆に神戸製鋼には素早いボール出しをされてしまった」

    勝った神戸製鋼のアンドリュー・エリスキャプテンは、大差になってもアグレッシブに攻め続けたことについて、チームメイトに対する思いがあったことを付け加えた。「チームとして良い準備ができたことが勝利の大きな要因です。もう一つは、フレイザー アンダーソンが、神戸製鋼での公式戦100キャップを迎えたのですが、その試合を特別なものにしようと、モチベーションが高かったのです」。最後のトライ後のゴールキックをアンダーソンが蹴っていたのは、そのためだったのだ。

    マン・オブ・ザ・マッチは、自ら積極的にボールをもらいにいって4トライをあげた井関信介(天理大OB)。堂々たるプレーを報道陣に問われると、「メンバーに選ばれたかぎり、自信を持ってプレーしようと思っています」とコメント。「素晴らしいプレーヤーの中で試合に近い緊張感で練習できているので、試合ではプレッシャーを感じません」と、恵まれた環境を好調の要因にあげた。神戸製鋼のWTBは山下楽平、児玉健太郎らもおり、のレギュラー争いはますます熾烈になってきた。

    ■トップリーグ2018-2019第5節・日曜の結果
    ◇岩手・釜石鵜住居復興スタジアム
    キヤノンイーグルス◯43-24●コカ・コーラレッドスパークス
    ◇千葉・柏の葉公園総合競技場
    NECグリーンロケッツ◯34-31●NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
    ◇山梨・山梨中銀スタジアム
    サントリーサンゴリアス◯35-24●豊田自動織機シャトルズ
    ◇大阪・キンチョウスタジアム
    神戸製鋼コベルコスティーラーズ◯74-10●日野レッドドルフィンズ

    fb15さんのブログ - ラグビー愛好日記

  • 18/10/07 10:21

    fb15

    [ラグビー愛好日記]レメキ、森川海斗、爆笑トークライブ


    20181006-6.jpg

    10月6日は、京都駅至近の中華料理店「清華園」で久しぶりのトークライブの進行をした。ゲストは、この日、西京極でパナソニック ワイルドナイツと戦ってきたばかりのHondaHEATから、レメキ ロマノ ラヴァ選手と、森川海斗選手。最初は敗因をいろいろ話してもらった。パナソニックが前半と後半でディフェンスを変えてきた話や、レメキ選手がパナソニックのディフェンスを分析したうえでカウンターアタックを仕掛けて成功した話などは興味深かった。しかし、次第にトークは爆笑モードに。

    森川選手は我慢できずに反則してしまう課題をあげ、「相手に早くプレッシャーをかけようと思って、オフサイドになってしまったりするのですが、パナソニックの選手は個人能力が高いこともあって、余裕があるんですよね」などと話した。ちなみにこの日のペナルティの数は、Hondaの16に対して、パナソニックの3。すかさずレメキ選手が「16のうち、15はレフリーのミスだけど」とジョークで笑いを誘う。レメキ選手の当意即妙の日本語トークにはお客さんも目を丸くしていた。ただし、テレビカメラなどが回っているときは言葉数が少なくなる。「こういう場所は大丈夫」とその才能全開となった。

    2人は同じ年齢ということもあって仲が良い。レメキ選手は高校卒業後、オーストラリアのラグビーリーグ(13人制のプロ)でプレーしているときにキヤノンから声がかかって来日した。大人になってから来たのに、なぜ、そんなに日本語は上手いの? 「だって日本の選手、英語しゃべらないから、僕が話すしかない」。日本代表で一番日本語上手いかな?いや、リーチがいるか。「リーチは日本の学校行っていたからねぇ」。文字にすると伝わらないのだが、話すタイミングとか表情が面白いので、会場は爆笑の連続。

    トンガの選手って、みんな体が強いですよね。「うん、強いよ。トンガの選手は2種類しかいない。体が強くて足が速いか、体が強くて足が遅いか。弱い奴は一人もいない」。じゃあ、レメキ選手は足が速いほうですね。「いや、僕は頭がいい選手」。

    森川選手もいい味出していた。簡単なトンガ語のレッスンをしてくれたり、最後には「Hondaはマノ(レメキ選手の愛称)だけではありません。よろしくお願います!」とアピール。ちなみに、海斗という名前は、産まれるときにお父さんがアラスカにいたので、お母さんが北斗七星を思ってつけたのだとか。「弟が生れるときは、父が帰ってくるときだったから、渡来(とらい)という名前にした。それなのに、弟はラグビーをしなかった(笑)」。

    レメキ選手が「ワールドカップのあとは、東京オリンピックを目指す」と宣言すると大きな拍手が。筋肉美を披露してくれた時は、カメラのシャッター音が鳴り響き、プレゼント争奪ジャンケン大会では2人にお姫様抱っこを希望する女性が続出。みんな楽しそうだった。ずっと笑っていた気がする。会場にはパナソニックのファンの方もいたのだが、2人のファンになったみたいだった。レメキ選手、森川選手、参加者の皆さん、ありがとうございました。また清華園のトークライブで会いましょう!

    20181006-1.jpg

    fb15さんのブログ - ラグビー愛好日記

  • 18/10/06 15:56

    fb15

    [ラグビー愛好日記]トップリーグ第5節、土曜の結果


    10月6日は、京都の西京極に行っていた。HondaHEAT対パナソニック ワイルドナイツの解説をした。曇り空で始まり、試合途中に豪雨になり、10分ほどで小雨になって最後は快晴という目まぐるしい空模様だった。

    試合は、パナソニックがディフェンスで粘って、反則、ミスを誘ういつものパターンで得点を重ねた。前半5分、ゴール前のラインアウトからモールを押し込んでLOヒーナン ダニエルがトライ。13分のCTBハロルド・フォスターのトライに続いて、19分にはモールからHO坂手淳史がインゴールに飛び込み、19-0とリードを奪った。

    Hondaもレメキ ロマノ ラヴァのカウンターアタックでチャンスをつかんで、WTB生方信孝がトライを返す。前半終了間際にもレメキが自陣からショートパントを上げ、自らこれを追ってチャンスを作り、パナソニックのミスを誘って自らトライする個人技で19-12にして後半に望みをつないだ。

    勝負の分かれ目となった後半の立ち上がりだが、4分、再びモールから坂手がトライすると、あとはパナソニックが着々とトライを重ねた。マン・オブ・ザ・マッチは、ハロルド・フォスター。ゲームキャプテンを務めた坂手淳史は京都出身。「両チームに京都出身の選手が多いのは知っていました。ラグビーを始めたのも京都、育ててもらったのも京都、ここで良いプレーがしたい。きょうは多くの選手がそんな気持ちでプレーしたと思います」。

    ロビー・ディーンズ監督は、こう購入コメントした。「これから太田まで長帰路につきます。ボーナスポイントをとって帰ることができるのは、その疲れを少し和らげてくれるでしょう。しかし、改善点はまだまだあります。新しい選手(HO下釜、途中出場)をトップリーグにデビューさせられたのは良かった。それも坂手キャプテンがしっかりとゲームの基礎を作ってくれたからです。ありがとう」

    ■トップリーグ第5節・土曜日の結果
    ◇京都・西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
    Honda HEAT●12-41◯パナソニック ワイルドナイツ
    ◇奈良・天理親里ラグビー場
    クボタスピアーズ◯22-16●リコーブラックラムズ
    ◇福岡・グローバルアリーナ
    宗像サニックスブルース●7-52◯トヨタ自動車ヴェルブリッツ

    fb15さんのブログ - ラグビー愛好日記

2713件中 1-10 件目を表示

TOP

企業情報


«  2018年10月  »
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31