• 1/700 利根 製作2 11/3/14 7:25 AM


    続けて徐々に組んでいきます。

     

    魚雷の部分ですが、丸い型が残っているので簡単に削ります。

     

    IMG_0752.JPG

     

     

    IMG_0754.JPG

     

     

    汚しを入れるので荒くても問題なしです。

     

    汚しはアクリル塗料で作ります。

    黒5:茶4:赤1くらいで混合したものを薄め液で5倍くらい希釈します。

    錆びたような汚い色になればOK。

    魚雷の部分は後から塗れないので、これを塗っていきます。

     

     IMG_0755.JPG

     

     ムラが出ますが気にせず乾燥後重ね塗りをしていきます。

     

     IMG_0759.JPG

     

     適度に汚い感じで。

     

     

    魚雷を組みますが、可動できるように取り付け部を真鍮線に置き換えます。

     0.8mmピンバイスで穴を開け、長目の真鍮線を瞬間接着剤で接着します。

     

     IMG_0764.JPG

     

     

     取り付けるとこんな感じ。

     

    IMG_0766.JPG

     


    IMG_0767.JPG

     

     

    魚雷に汚しを施します。

    クリップではさんで塗装。

    IMG_0768.JPG

     

    組み上がるとこんな感じになります。


    IMG_0770.JPG

     

    IMG_0771.JPG

     

    甲板を組んだらほとんど見えなくなりますが、一応見えるので・・・。

    前方の魚雷は干渉して発射態勢に出来ませんでした。

     

    遅々として進みませんが、とりあえず今回はここまで。

    Comments(0)>>
  • 1/700 利根 製作1 10/5/14 11:00 AM


    1/700 利根(ウォーターラインシリーズ)の製作を開始しました。

    少しずつ作っていきます。

     

    船底部分を塗装していきます。

    塗装の際に持ち手をマスキングテープで作ります。

    ここを持ったり、クリップで挟んだりして塗装していきます。

     IMG_0695.JPG

     

     

    アクリル塗料を使用し、薄すぎるかな?くらい薄めて塗装していきます。

    薄めているのでムラムラになりますが、気にせず乾燥したら重ね塗りしていきます。

    クリップで固定して乾燥しています。

    IMG_0700.JPG

     

     

    重ねて塗っていけばムラも少なく均一に塗れます。

    薄めすぎていて今回は7回も重ね塗りしました。

    IMG_0708.JPG

     

     

    先にしておけばよかったのですが、仮組して合わせを確認します。

    船首部分が浮いてしまうのを確認。

    IMG_0709.JPG

     

     

    船底部品に何故か丸い突起があるので削ります。

    IMG_0711.JPG

     

     

    削って確認。きっちり合いました。

    IMG_0712.JPG

     

     

    重りを組み立て、船底を接着剤で点付けして固定します。

    その後、内側から接合部に接着剤を流し込んでいます。

    IMG_0715.JPG

     

    ここで、例によってジオラマ台を作ります。

    ジオラマ台はかすみ入りアクリル板を使用。裏からクリアブルーで塗装しています。

    船底部分をマスキングテープで保護します。

    IMG_0724.JPG

     

     

    両面テープで船体をアクリル板に固定し、ウォーターエフェクトを周りに盛っていきます。

    IMG_0726.JPG

     

     

    ヘラでつぶしながら成型していきます。

     

    IMG_0729.JPG

     

     

    足りない部分には足しながらヘラで成型していきます。

    平面で押さえてスライドしながら離すとそれっぽくなります。

    IMG_0730.JPG

     

     

    泡立つ後方は歯ブラシで軽く叩いて成型。

    IMG_0733.JPG

     

     

    本体を取り外し乾燥させます。

    24時間以上放置です。 

     

    IMG_0734.JPG

     

     

    乾燥すると透明になります。

    IMG_0736.JPG

     

     

    アクリル絵の具で波を塗装していきます。

    まずは船の周りから。

    IMG_0738.JPG

     

     

    アクリル絵の具を水で薄めて全体を淡く塗ります。

    IMG_0739.JPG

     

     

    その後、濃い部分を重ねて塗っていきます。

    IMG_0740.JPG

     

     

    ジオラマ台完成。

    IMG_0743.JPG


    IMG_0745.JPG

     

     

    今回はここまでとなります。

    中々時間が取れないので、ゆっくり進行。

    いつ完成することやら・・・。

    Comments(0)>>
  • 1/700 利根 ウォーターラインシリーズ 9/20/14 10:23 AM


    例によって、自分の備忘録的に記していこうと思います。

     

    というわけで利根である。

    今回はフジミ模型の1945を選択。対空火器の増加と、電探の強化後のものとなります。

    エッチングパーツを入手した後で1945では銃座が足りないことに気付きましたが何とかごまかす予定です。


    IMG_0689.JPG

     

     

    エッチングパーツ。細かいですね。久々なのでエッチングパーツは妥協するかも知れません。

    IMG_0690.JPG

     

     

    エッチングパーツを使わなくても十分なディテールで完成しそうです。

    仕事柄、開発等でプラスチックの射出成形に関わったりもするのですが、今の金型技術と成型技術には舌を巻きます。

    IMG_0693.JPG

     

     

    何故、利根なのか。

     

    利根は自分の好きな艦艇の一つです。

    何故好きか・・・。その前提に、水上機が大好きなことがあります。

    大好きな水上機を運用する艦艇。

    まぁ、千歳を代表とする水上機母艦や、伊勢を代表とする航空戦艦。航空巡洋艦の最上等、水上機を運用するための艦艇はありますが、利根は製造段階から前方に砲塔を集中させ、後方は水上機の甲板にしてあり、生まれながらにして水上機を運用しやすく作られた艦艇なのです。

    じゃあ、千歳でもいいじゃんとの話になりますが、今回は久々に作るので主砲も装備されている艦艇がいいなぁと思い、利根を選んだ訳です。

    水上機を運用するために空中甲板(フライングデッキ)が備えられている阿賀野型も好きなので、これらの水上機を運用する艦艇は順作っていきたいなとは思っています。

     

    といった訳で利根ですが、まだ作り始めていません。

    やっと工具が揃ったので、いつから着手しようか・・・といったところです。

    Comments(0)>>
  • 艦船プラモデル ジオラマ台練習 9/7/14 4:18 PM


    ふと思い立って、久しぶりに1/700ウォーターラインシリーズの艦船を購入しました。

    久しぶりすぎなので本格的な作業に入る前に少し練習をして、メモがてらブログに残しておこうと書いています。

     

    ジオラマ台を作る練習をするのに艦これRPGで提督をしている艦隊を選んでみました。

    構成は

    祥鳳、鳥海、電、弥生の4隻艦隊。

    いつもプレイしている時に駒として使用している1/2000の食玩キット+ガチャキットを使います。

    そのままズバリの艦船がいないため、色々妥協しています。

    雲龍を祥鳳へ改造。鳥海は高雄使用。電と弥生は同型艦が手に入らなかったため、雪風、磯風で代用。

     

    台の母材はかすみアクリル板を使用。大きさを指定して注文すれば楽です。自分で切る際はノコギリで。

    http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00DIXNUWG/ref=oh_details_o05_s00_i00?ie=UTF8&psc=1

     

    表面がぼこぼこしているので海面を楽に表現できます。
    1かすみアクリル.JPG

     

     

    このアクリル板の上に両面テープで艦船を貼り付けていきます。

    前から電、鳥海、祥鳳、弥生の順に配置しています。

    2仮配置.JPG

     

     

    艦船にはあらかじめマスキングテープで保護をしておきます。この後使用するウォーターエフェクトが船体に付かないようにするためです。

    3マスキング.JPG

     

     

    ウォーターエフェクトを付けていきます。

    http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000VLKHEW/ref=oh_details_o02_s00_i03?ie=UTF8&psc=1

    木工用ボンドでも出来ますが、こちらの方がキレイな気がします。

    船体に沿って盛ります。

    4エフェクト.JPG

     

     

    ヘラで外側につぶしながら伸ばしていきます。

    その後、上から押さえたり軽くたたいたりして波の形状を作っていきます。

    5ヘラのばし.JPG

     

     

    船尾の泡立つ様な波は歯ブラシで叩くようにして表現していきます。

    6歯ブラシ.JPG

     

     

    全艦船に付け終わりました。祥鳳のアンテナが邪魔で微妙な感じになりましたが気にせず進みます。

    7のばし後.JPG

     

     

    艦船を取り外し24時間以上乾燥させます。

    8取り外し.JPG

     

      

    乾いたらエフェクトが透明になっています。(厚いところは若干白くなります) 

     9乾燥後.JPG

     

     

    裏から色を塗ります。色は最初に塗っても問題ありません。

    今回はクリアブルーをスプレーで塗装。ムラになった方がいい感じになります。

    10裏塗装1.JPG

     

     

     この状態で配置してみると波が透明であまり臨場感はありません。

    11仮置き2.JPG

     

     

    というわけで、アクリル絵の具で塗装していきます。

    まずは艦船の外周部を塗っていきます。

    12外周塗装.JPG

     

     

    その走行波部分を塗っていきます。水で薄めて薄くしたものから塗り、あまり薄めず白を強調する部分を塗るように塗り分けて下さい。ちょっと控えめに塗ってみました。

    13走行波塗装.JPG

     

     

     

    取り合えず完成です。

     

    斜め上から。周囲をもう少し広い範囲で塗った方がいいかもしれません。
    14完成.JPG

     

     

    斜め前から。鳥海ショット。
    15完成.JPG

     

    同斜め前から。祥鳳ショット
    16完成.JPG

     

     

    逆光だと違った趣が出ます。
    17完成.JPG

     

     

    海面の表現方法は色々あるのですが、かすみアクリルを使うのが透明感が出て一番好きです。

     

    久しぶりにしては中々いい感じに出来たとは思いますが、まだまだ練習が必要な様です。

    もう少し練習してから購入した利根の製作に移りたいと思います。

    Comments(0)>>
  • FFFTPの使い方 6/12/13 9:33 PM


    何故か消えているので再解説。

     

    AMV France向けのFFFTPの使い方です。

     

    映像データの名称は念のため半角英数で、登録したクリップ名にします。

    (日本語だと上手くいかない場合があります)

     

    FFFTPを起動します。

    ホスト一覧から新規ホストを作成。

     ホスト名(アドレス)に www. から始まるアドレス(Server: )を入力。

    ユーザー名に送られてきた Login: を入力

    パスワードに送られてきた Password: を入力

     
    FFFTP.jpg

     

    OK →接続

      

     接続後、赤枠部をクリック→UPしたいデータのフォルダを指定


     


    FFFTP接続後.jpg

     

     

    UPしたいデータをクリックし指定してから、赤枠の「↑」をクリック。

    アップロードが始まります。

     

     

     FFFTP投稿.jpg

     

     

     UP2.jpg

     

     

     

    アップロードが完了するとサーバー側にもデータが現れます。 

     


     


    完了.jpg

     

     

    以上で完了です。

    Comments(0)>>
  • Japan Expo 14 - 2013 登録方法 5/12/13 7:29 PM


    作品が完成していない場合はFTPでの投稿になります。

    作品が完成していれば登録後すぐに投稿出来ます。

     

    ↓登録ページ

     http://en.amv-france.com/concours/japan-expo-14-2013-162,page_inscription

     

     


     画像はフォトの1です


    1.bmp

     

     

    ①Lastname   名

    ②Firstname   姓

    ③Nickname   公表される名前です

    ④BirthDate   誕生日

    ⑤Adress   住所 ローマ字でかまいませんが、日本とは表記が反対になります。

      番地,町,市(1-1, ○○, ○○-cho, ○○-si)

    ⑥ZipCode  郵便番号

    ⑦City   県名

    ⑧country   国名 Japan

    ⑨E-mail address  メールアドレス

    ⑩Phone number   電話番号(必須ではありません)

     

    ⑪Clip Name    作品名

    ⑫Animes used    使用アニメ

    ⑬Music author  演奏者、作曲者(必須ではありません)

    ⑭Music Title   曲名(必須ではありません)

    ⑮Clip Length   作品の長さ(必須ではありません)

    ⑯後から送る、FTPでの投稿の場合はチェック(取り合えずチェックしておけば無難)

    ⑰ルールに同意してチェック

    ⑱入力項目を確認して Submit  を押すと登録

     

     

     

     

     画像はフォトの3です。

     

    Submitを押すと出てきます。

    24時間以内に登録したアドレスに連絡が来ます。

    この際、FTPの情報も来ます。

     

    作品が完成している場合は Upload my clip  から投稿できると思います。

    (自分は試してません)


    3.bmp

     

     

     

    Registered Contestants  タブから登録されたか確認しましょう。

     

    以上が登録となります。

     

     

    Comments(0)>>
  • AKROSS CON 2012 1/27/13 9:08 PM


    AKROSS CON 2012 に合作で参加しました。

     

    前年より作品の長さの制限が10分→15分になったのを見て、ロシアでは長いのも受け入れてくれるのかな?と長い曲をほぼそのまま使ったのが間違いだったみたいです。

    とにかくほとんどが「長い」のコメントで最後まで見ていただけない方もいたようです。

     

    可能であれば反省点を生かしてまた来年も参加しようと思います。

     

    http://www.nicovideo.jp/watch/sm19933240

    Comments(1)>>
  • AMV-France for Japan Expo 2012 への投稿方法 その2 4/17/12 8:24 PM


    その1からの続きです。

    その1

    http://www.sprasia.com/blog/mister/20120416203432.html

     

    登録をして認証されましたら運営からメールが届きます。

     

     5.jpg

     

     

    このメールにFTPのサーバー名、ログイン名、パスワードが載っていますので、投稿時に使用します。

     

     

    登録が完了すると 「Registered Contestants」にニックネームが公表されます。

     

     

     6.jpg

     

     

     

    これで登録は終了です。

     

    現在、動画編集中ですので、投稿については投稿後に紹介していきます。

     

    ではでは。

    Comments(0)>>
  • AMV-France for Japan Expo 2012 への投稿方法 その1 4/16/12 8:34 PM


    AMV-France for Japan Expo 2012 への投稿方法を説明していきます。

     

    http://en.amv-france.com/concours/japan-expo-13-2012-155

     

    動画の投稿期限は5/27となっていますが、まず、登録を行います。

    登録期限も動画の期限と同じで5/27のようです。(情報ありがとうございました。)

     

    画像が小さいので、Mr.のフォトで確認いただければ幸いです。

     

     1.jpg

     

     

    念のため A のイギリス国旗をぽちって英語にします。

    左のリンクのみ英語になります。

     

    B をぽちって登録画面にいきます。

     

    順番に入力していきます。※が必須項目です。 

     

     2.jpg

     

    英語で以下を入れていきましょう。

    画像サイズが小さいので分かりにくいですが、入力欄の上から解説をしていきます。


    1.名前
    2.名字
    3.ニックネーム
    4.生年月日(日、月、年の順に)
    5.住所(市以下)
    日本の表記とは順序が逆になります。カンマ , で区切って下さい。cho,gun,shiはハイフンでつないで下さい。
    例 ○○-○○,○○-cho,○○-gun,○○-shi
           番地      町    郡    市
    6.郵便番号
    7.都道府県名
    8.国名(JAPAN)
    9.メールアドレス
    10.電話番号

     

    11.作成したAMVのタイトル
    12.使用した映像のタイトル
    13.使用した曲のアーティスト名
    14.使用した曲のタイトル
    15.作成したAMVの長さ(3分15秒なら3m15s)


    16.FTPを使用した投稿 FTP accessの横にマークします(マークしないとエラーが出てしまいます。取り合えずマークしましょう)
    投稿は後日でも出来ます。詳しくはメールにて指示が来ます。

    17. I have read and accepted the rules ルールの承諾確認です。ルールに同意してマークを入れます。

    18.「Submit」ボタンを押します。

     

     

    押すと以下が出ます。

    メールが来るのを待ちましょう。 

     

     3.jpg

     

     

    ちなみにすぐに投稿する場合は 「Upload my clip」 を押すと投稿画面にいきます。

     

     4.jpg

     

     去年はFTPを使わない場合はメールでこのページへのリンクを送ってきたのですが・・・。

    念のため、このページをお気に入りに入れています。

     

    以上で登録は終わりです。

     

    登録メールが来たら続きを書いていこうと思います。

     

    ではでは。


    Comments(2)>>
  • 【初音ミク】愚者~無くしたくなかったモノ【オリジナル】 完成 12/31/11 4:19 PM


     

    初めてのオリジナル曲、完成。

    結局、絵を描き直すと言ってた娘も今回はこのままでとのことだったので、修正せず。

     

    なんか、色々勉強しなきゃなーと思いました。

     

     

     


    Comments(0)>>

Showing 1-10 of 12

TOP

Profile

Mr.
Mr.

«  2021年10月  »
  01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31